レンタルサーバー比較ランキング
タグ

タグ(tag)はもともと荷札、付箋といった意味の英単語ですが、コンピュータ関連では、あらかじめ定められた特殊な記法により文書に埋め込む形で記述される付加情報という意味で使われます。

Webページなどの記述に使われるHTMLやXMLでは、元になる文書の中に「<」と「>」で囲んだ標識を埋め込むことで、表示ソフトに対して文書の構造や書式、文字飾りなどを指示したり、画像や他の文書へのリンクを埋め込むことができるようになっています。
このように、HTMLの場合、文章を読むのは人間なのですが、Webブラウザは地の文とは別のレベルでタグを解釈して表示に反映してくれるので、Webブラウザのために書くのがタグということになります。 このHTMLタグは、興味があればWebブラウザのメニューから「表示」をクリックし、「ソースの表示」を選択すると、そのWebページのHTMLタグを見ることができます。 HTMLタグが書かれた「ソース」は、メモ帳で開きます。

タグはほかにも、SGMLやXHTML、XML、RSSなどがあります。 つまり、タグとは「人間が作ったデータや文章をコンピュータに理解してもらうために使われるマークアップ(印つけ)をする文字列」なのです。

ただし、「ICタグ」などの場合は、元の意味のまま、モノに付ける小さな札のこととなります。

今月一番オトクで
おすすめレンタルサーバーはこちら

このページの先頭へ