レンタルサーバー比較ランキング
サーバーとは

インターネットが急速に広がり、10年ほど前と比較すると、サーバーという言葉も日常的に耳にする用になりました。

サーバー(server)とは、正確には「ネットワークやLANなどで繋がったコンピュータ上から通じて受けた要求(リクエスト)対して自身の持っている機能やサービスや、ファイル、データなどを返す役割をするコンピュータやそのシステム」のことを指します。

「SV」「srv」「svr」など略称の表記として記されることもあります。

サーバーの種類

比較的馴染みがある、「Webサーバー」「データベースサーバー」「レンタルサーバー」のように、提供する機能などの種類をくっつける場合、「□□サーバ」と呼ぶのが一般的です。

一口にサーバーと言っても、様々な役割・機能によってわけられます。

サーバーに使用されるコンピュータのことを表す場合には、「サーバーマシン」「サーバー機」などと呼ばれ、これらはソフトウェアを格納する倉庫である「ハード」の事を指しています。

対して、「サーバープログラム」などと使用する場合には、サーバー内で駆動するソフトウェアのことを指しています。
また、ファイル保管の機能を「ファイルサーバー」と呼びます。
このように、ネットワークに関する役割ごとにサーバーにまつわる呼称も分かれます。

「WEBサーバー」はウェブページを構成しているhtmlのファイルや画像ファイル等を呼び出し、表示することでWEBのページをユーザーは見ることができるのです。

「WEBサーバー」はウェブページを構成しているhtmlのファイルや画像ファイル等を呼び出し、表示することでWEBのページをユーザーは見ることができます。

サーバーとユーザーの関係

加えて、このサーバから提供されたものを要求する側を「client(クライアント)」といいます。
サーバーは、ユーザー(クライアント)とメーカーやプロバイダーの中間に置かれ、色々なユーザーの「リクエスト」に応えています。

このリクエストというのが、上記の「自身の持っている機能やサービスや、ファイル、データなどを提供する」という部分にあたり、たとえばデータの受け渡しやメールの確認、ウェブページ閲覧などすべてのやりとりがリクエストと呼ばれます。

このサーバーとクライアントの関係は、家の中や会社内、インターネットを経由した遠距離間でも、規模の大小や複雑さに関わらず、基本的には同じです。

サーバーに求められること

サーバーはクライアントのリクエストに常に応じて、常に稼働していることが必要となっており、システムダウンをしないように運用していく必要があります。

なので、サーバーは専門の技術者がシステム稼働したまま故障箇所をメンテナンスしたり、定期メンテナンスが必要だったりします。常時稼働していることがサーバーの信頼・信用に関わってくるので最新技術より、サーバーダウンしないことが重要視されているようです。

今月一番オトクで
おすすめレンタルサーバーはこちら

このページの先頭へ