レンタルサーバー比較ランキング
メモリ

メモリ「Memory(メモリー)」は、コンピュータの中で、データ、プログラムを記録するする記憶装置のことを指し表します。

広義では(外付け)ハードディスク(HDD)やUSBメモリーなどの外部記憶装置(補助記憶装置)を含み、メモリという言葉が、記憶装置の総称として使用される場合もあります。

ですが、メモリという言葉が使われる多くのケースは、CPUが直接読み込み、書き込みを行うことのできる、RAMやROMといった半導体記憶装置のことを指し表す時であり、メモリが記憶装置の総称として用いられることは稀のことです。

データ保存を行うHDDは、データの長期的な保存に適していますが、CDやDVDのように磁気で物理的なデータ読み込み、書き込みを行うため、処理に十分な時間を要します。
この際、CPUが処理に加わっていると、コンピューター全体の動作負担が大きくなり、処理をさらに遅らせる原因となります。

メモリとは、使用したいデータを保存するための空き容量を、あらかじめコンピューター内のネットワークに確保しておき、データの送受信を行うことができれば、パソコに係る負担も軽減されるのではないか、という考えから考案された装置なのです。
メモリ容量(記憶領域)の大きさに比例して、パソコンの動作速度は高まり、容量が大きければ大きいほど、同時に複数のソフト、大容量のソフトを安定した速度で使用することが可能となるのです。

メモリの中でも、RAMを利用したCPUの作業領域のことは、メインメモリ(主記憶装置)とも呼ばれ、コンピュータの性能を大きく左右する重要な装置として位置づけられています。

今月一番オトクで
おすすめレンタルサーバーはこちら

このページの先頭へ