レンタルサーバー比較ランキング
CSS

CSS(Cascading Style Sheets)とは、Webページのレイアウトやスタイルを定義・指定する規格言語のことです。HTMLで記述された Webページの見栄え・スタイルを効率的に定義するための言語で、HTMLで文書の意味を定義し、CSSで見栄えを定義することにより、意味と見栄えを分離することが可能となります。

ワープロソフトなどで作成される文書も含めて、文書のスタイルを指定する技術全般をスタイルシートといいます。HTMLやXHTMLなどで作成されるウェブページにスタイルを適用し、装飾する場合には、スタイルシート言語の1つであるこのCSSが一般的に利用されているというわけです。

これまで、WebページのレイアウトはほとんどHTMLを用いられてきましたが、HTMLは情報構造を定義するための言語であり、見栄えの制御のために本来の役割とは違った使い方をすると、 文書の情報構造がでたらめになってしまいます。文章構造がでたらめになるとコンピュータや検索エンジンに理解されない構造になってしまします、それによりせっかくの情報を書いていたとしても検索エンジンに伝わらないためうまく活用されません。

また、HTMLの要素(タグ)をどのように表示するかは、ユーザーが使うブラウザによって異なることがあります。 HTMLタグである閲覧環境では見栄え良くレイアウトできても、 他の閲覧環境ではまったく意図しないレイアウトになってしまうこともありえます。

CCSもどんどん進化しており、昔は文字の色や背景の色指定程度だったものが、今は角丸やグラデーションがCSSで表現できるようになりました。それにより、今まで画像で作られていたボタンがCSSのみでできたりします。ボタンを気軽に設置できたり、CSSとHTMLのみなので、簡単に文言の修正ができるようになりました。また簡単なアニメーションもできるようになったり、どんどん表現の幅が広がっています。

レスポンシブデザインについてもCSSで実装が可能です。ブラウザの幅によって使用するCSSを切り替えをすることができるので可変型のWEBサイトの作成も簡単に可能となりました。

今月一番オトクで
おすすめレンタルサーバーはこちら

このページの先頭へ