レンタルサーバー比較ランキング
CPU

CPUとは、「Central Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)」の略で、日本語では「中央処理装置」と訳されます。

パソコンの中核を担う重要なパーツで、パソコン全体の処理や計算を行う「頭脳」であるといえますので、CPUの良し悪しが、パソコンの性能の良し悪しに直結すると言ってもいいでしょう。
CPUが良いものであればあるほど、コンピュータは多くの複雑な処理を、安定して早く行うことができるということになります。

パソコンを開けてCPUを取り出してみると、CPUは色は多彩ですが、形状は平べったいタイルの様な形をしています。
1回の命令で同時に処理できるデータの量によって、8ビット、16ビット、32ビットなどの種類があり、その数値が大きいものほど性能が高いものです。

また、同じビット数でも、1秒間に実行できる命令の回数(「Hz」で表す)や、「バス」と呼ばれる周辺装置とのデータ伝走路が一度に運べるデータの量(「ビット」で表す)、バスが1秒間に行える転送の回数(「Hz」で表す)などにちがいがあり、これらの数値も大きいものほど性能が高いものです。
(厳密には、1つの命令を行うのにかかるクロック数や、同時に実行できる命令数などのちがいにも影響される場合もあります)

今月一番オトクで
おすすめレンタルサーバーはこちら

このページの先頭へ