レンタルサーバー比較ランキング
バックアップ

バックアップ(backup)はデジタル用語で、データの複製保存という意味合いを持っています。

コンピュータでのバックアップは、記憶装置に保存が行われているデータやプログラムを対象として、コンピュータウイルス感染によるデータ破損やプログラムの損傷から未然に守るための防衛策として行われます。

保存の行われたデータを指してバックアップと呼称することもあり、バックアップの保存先には、もっぱら、USBやCDといった外付けの記憶装置、クラウドといった空間がその対象として選ばれています。

ウィルスによる感染もそうですが、PCの引っ越し、いわばデータの転送にもバックアップは利用されています。
その際、バックアップからデータを再度利用が行えるように巻き戻す作業(リストア)が必要となります。

バックアップを行う際には、「データの複製保存」がなされているという点が最も重要な点であり、不測の事態に備えて「データを2つ以上用意」しておくことが正しい方法です。

個人の利用者がCDやUSBに1つのファイルのバックアップを行うのも、企業がデータベースシステムのような大きなデータのバックアップをウィルス対策の事前策として行っておくのも、考え方の根底にあるのはどちらも同じことです。

ネット上のレンタルサーバーを利用する際にも、万が一のことを考えて、あらかじめバックアップをとっておくことをおすすめします。

今月一番オトクで
おすすめレンタルサーバーはこちら

このページの先頭へ