レンタルサーバー比較ランキング
ブログのためのWordPressテーマSTINGER6

ブロガーのためのWordPressテーマSTINGERの最新版STINGER6が2015年12月にリリースされました。
STINGER6の変更点や、おすすめポイントをご紹介したいと思います。

目次

STINGERとは?

STINGER(スティンガー)は日本国内向けにブログが簡単に設定運用ができるようにとつくられた、WordPressテーマです。2012年頃から配布され、最新版のSTINGER6が2015年の12月にリリースされました。

STINGER6の新機能・変更点

STINGER6の新機能や前のバージョンSTINGER5等の変更点などをまとめてご紹介したいと思います。
stinger6

PCの時に画面の幅が広く

stinger6-1
STINGER5ではPCのとき幅は680pxでしたSTINGER6は1360pxと広くなっています。もしSTINGER5等でカスタマイズしている場合画面幅が変わってるので、CSS等の再設定が必要になるかもしれません。

お知らせ機能が新機能で登場

stinger6-2
TOPページの一番上にお知らせとして、特定カテゴリーや全カテゴリーを表示することができます。
例えばお知らせのカテゴリーを表示すると、カテゴリーお知らせにした記事がTOPに表示されます。

記事の下に一括で挿入できるウィジェットが新規追加

stinger6-3
記事の下にprofileやお知らせなどを入れたいとき、以前だとテーマを改良したり、編集しないと記事一括に入れることはできませんでした。STINGER6は、投稿・固定ページの下に一括で挿入できウィジェットが新規機能として追加されました!期間限定のお知らせや宣伝等あったら、こちらで簡単に設定ができます。

スマホでもヘッダー画像が表示されるように

stinger6-4
STINGER5ではスマホで見たときはヘッダー非表示がデフォルトで、カスタマイズしないと表示されませんでした。STINGER6ではスマホでもヘッダー画像が表示されます。

細かい設定をダッシュボードから簡単にできる

stinger6-5
デザイン・レイアウト設定やお知らせの表示など細かい設定をダッシュボード内で簡単に設定管理することができます。また設定をリセットすることもワンクリックでおこなうことができます。

SNSのアイコンがフラットデザインに統一

stinger6-6
STINGER6以前のSTINGERではスマホのアイコンは全て、個々の公式サイトのアイコンを使っており、統一感がありませんでした。STINGER6では、フラットデザインのボタンを使用しているため、スッキリとしたデザインになってます。また、twitter、Facebook、Google+、はてぶのみの対応でしたが、新たにLINEとPocketにも対応しており、よりスマホで共有されやすくなっています。

まとめ

STINGERはブログ開設を簡単にできるWordPressテーマです。またカスタマイズもしやすいように設計されており、中級者はデザインカスタマイズもしてオリジナル性が高いブログを作成することができます。
またアフィリエイトに特化したWordPressテーマも作成されているので、アフィリエイトサイトを作る場合は、Affinger2をおすすめします。

このページの先頭へ