レンタルサーバー比較ランキング
SSLとは

ssl
SSLとは、Secure Socket Layerの略でインターネット上で情報を暗号化して送受信出来る仕組みです。SSL証明書が発行されているサイトは、「https://◯◯.com」と表示されます。データを送受信する一対の機器間で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の機器によるなりすましやデータの盗み見、改竄等を防ぐことが出来ます。

そもそもなぜSSL化したサイトにしないといけないのか

インターネットでは、申し込んだり確認したりする時にウェブサイトのフォームを使用しますが、実はインターネットのシステムの都合で途中経路で第三者からの盗聴や改竄が容易に出来てしまう構造なのです。安全性の欠ける危ないサイトのフォームに入力をしてしまうと第三者にクレジットカード情報や個人情報が転用・悪用されてしまいます。

ウェブサイトをSSL化する事で、暗号化し安全に利用してもらう事が出来ます。SSL証明書を発行したウェブサイトでは入力する情報を暗号化するだけでなく、利用者にとって運営者を確認出来るという利点もあります。

暗号化だけだと思われがちですが、サイトの証明は非常に大切です。
例えば、目的地のサイトが安全だとわかったとして、もしそのサイトが偽物だったらどうしますか。クレジットカードの情報が抜き取られ、悪用されてしまいます。
見の覚えのないものが勝手に購入されて、口座から勝手になんて事が起こってしまうかもしれません。

初めてのサイトであればそもそも本物がわかりません。そこでウェブサイトのSSL証明書を確認する事で実在する会社名かどうか・住所はどこか等確認する事が出来るのです。

特にネット通販サイトを作る場合やECサイトではお客様の個人情報を扱うことがあるのでSSL化されていることが信頼の証にもなります。

ssl2

SSL化するためにはどうしたらいいか

まずSSLをウェブサイトのフォームに導入する際には、SSLサーバー証明書をWebサーバーにインストールする必要があります。
レンタルサーバーによっては、HPを作成する際に「https://」で始めるだけでSSL機能を付ける事が出来るモノもあります。

SSLが簡単に素早くできるおすすめのレンタルサーバー

SSLは通常審査に数日かかる場合がありますが、GMOインターネットのグローバルサインのSSLは最速即日でSSLが設定できます。

グローバルサインが使えるレンタルサーバーの例

お名前.comレンタルサーバー

お名前.comレンタルサーバー

SSL証明書は、とっつきにくいというイメージがあるかと思いますが、対応しているレンタルサーバーを選ぶ事でより簡単に安全なサイトを作成できます。技術的な作業は一切不要な業者を選ぶといいかと思います。
今後は、サイトを新しく制作する上でSSL証明書を発行したドメインにするのが暗号化や証明というリスク管理の意味でも必要ですね。

このページの先頭へ