レンタルサーバー比較ランキング
サイトのSSL化によるSEO対策

ssl-seo

これまでSLLサーバー証明書は個人情報の暗号化やフィッシングサイト対策といった「なりすまし」「改ざん」「盗聴」のリスク管理目的の使用がほとんどでした。
Google、Bing、そして2015年8月18日よりYahoo検索もSSL化の導入が始まったことでSEO対策としてもSSLを導入するサイトが多くなってきました。
Google検索ではすでに、SSL化したサイトが検索順位上位化するように対策されています。

GoogleのSSL基準は以下の通りです。

  • 2048 bit の証明書を使用してください。
  • 同じ安全なドメイン上にあるリソースには相対 URL を使用します。
  • 他のすべてのドメインにはプロトコル相対 URL を使用します。
  • robots.txt を使用して HTTPS サイトへのクロールをブロックしないでください。

ランキング アルゴリズムでのシグナルとして、暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかは今後もさらに重要視されてきそうです。

そのため、今後サイトを作る上でSSLサーバー証明書をつける必要があります。
特に個人で運営されている方は、レンタルサーバーを使う場合が多くなるかと思いますので、SSL導入が簡単なレンタルサーバーを選択する事が大切です。

SSL申し込みでおすすめレンタルサーバーの例

お名前.com レンタルサーバー

onamae1
お名前.comのGMOインターネットでは、グローバルサイン社のSSLを使用しており、最速即日でSSLを発行することができます。
SSLでは、日本国内ルート認証局別シェアNo.1、50万枚以上の発行実績を持っています。

さくらのレンタルサーバー

複数のSSL会社から自分にあったプランを設定できます。さくらのSSLでは、面倒なサーバーの設定をさくらが代行してくれるので、申し込み必要書類を準備するだけ!なプランもあるので、初めてSSLを設定するけど設置に不安な方はさくらのSSLがおすすめです。
sakura

今後サイト製作をされる方は、時間短縮のためにも簡単なSSL発行出来るレンタルサーバーを選んで行いましょう。SEO対策のSSLは今後必須と言えそうですね。

このページの先頭へ