レンタルサーバー比較ランキング
2016年SEOに大きな影響を与えたニュース

プリント

モバイルファーストインデックスの導入予定が正式発表

2015年は、「モバイルフレンドリー」という言葉が流布し、スマホ対応したサイトが評価されることが世の中的も周知された年でした。
2016年の秋にGoogleは、Mobile First Index(モバイル ファースト インデックス)の導入を正式にアナウンスしました。

モバイル ファースト インデックスでは、モバイル対応がされたページの評価に主に基づいて検索順位が決定される旨が謳われています。

これまで、検索エンジンの検索結果はPC向けに作られたWEBサイトの評価を基準にして出来上がった検索結果が提示されていました。
しかし、今後はスマホなどモバイル向けページの評価が検索結果のランキングに用いられる形となります。

もし、PCから検索したとしても、モバイル向けページの評価を元に作成された検索結果が表示されます。

検索の基準が反転する形となるため、検索順位向上を求めるSEOを念頭に置いたWEBの業界では、この転換はビッグニュースなのです。
WEBサイトを作成する際のコーディングの部分、titleタグの設定など、検索に関するすべての情報にモバイルページが適応されます。

GoogleがAMPをサポートするモバイル検索を公開。

Accelerated Mobile Pages (AMP) とは、Accelerated Mobile Pages (アクセラレイティッド・モバイル・ページ)という
スマホやタブレットなど、モバイル端末でのウェブページの表示を高速表示するためのプロジェクトです。

AMPの仕様に従ってサイトを構成することで、モバイル端末の検索結果からのリンク先ページが高速で表示されるのです。

今までのAMP対応したページはニュースコンテンツなどがトップニュース枠に表示されるだけの、かなりシンプルな構成でした。

今後はAMP対応したページであれば、料理のレシピページなどの写真が表示される形式となり、高速なページ閲覧と見た目の豊富さを兼ね備えた表示となります。
今のところ、ページがAMP対応されているか否か、それ自体は検索順位への反映に影響を及ぼすわけではありません。

しかし、ユーザーのアクセシビリティを向上すれば、それだけページのアクセス数も比例し、相対的に検索結果に影響を及ぼします。
AMPを意識したWEBサイト作成・運営が当たり前となる時期もそう遅くはないのかもしれません。

このページの先頭へ