レンタルサーバー比較ランキング
まだ間に合う!サイト制作初心者がモバイルフレンドリーに対応する方法

Googleモバイルフレンドレリー
Googleがアルゴリズムにモバイルフレンドリーを導入し、モバイル検索結果の順位変更を発表しました。これにより、スマートフォン・タブレット等の携帯端末に対応していないサイトは、モバイル検索順位が下がると言われています。今回は、モバイルフレンドリー未対応で考えられるリスクについてご紹介します。

モバイルフレンドリーへの早急な移行は必須

モバイルフレンドリーなサイトは、モバイルでの検索順位に好結果を与えることから注目を集めています。しかし、サイトが携帯端末に対応していない場合、SEOの面で悪影響が出てしまうケースは少なくありません。

2014年9月現在、スマートフォンの契約件数は6,248万件に上ると言われています。そのため、スマートフォンからインターネットを利用するユーザーは、市場の中でも見過ごせない存在となっているのです。

モバイルフレンドリーでないサイトは商機会を損失している

Googleのアルゴリズム変更は、2015年4月21日に施行されました。検索順位にも反映されることになりますが、すでにWEBサイトのリニューアルを行っている業者も少なくありません。商機会の損失を防ぐには、早急にモバイルフレンドリーなサイトに移行する必要があります。

迅速にモバイルフレンドリーなサイトを構築する場合、制作会社等へ依頼する余裕はないと思います。しかし、サイト制作初心者の方が運営している場合、携帯端末への対応は技術的に難しいかもしれません。移行が遅れている間、検索順位の下落と、商機会の損失は続いてしまうのです。

レスポンシブウェブデザインへの移行は賢威がおすすめ

package-keni6

早急に携帯端末対応したサイトを目指すなら、株式会社ウェブライダーがリリースしている賢威を導入しましょう。賢威は、モバイルフレンドリーなWordpressテンプレートです。Googleが推奨するレスポンシブウェブデザイン(端末に合わせてCSSを変え、デザインの最適化を行う手法)に対応しているので、検索エンジンにも好結果をもたらします。

また、レスポンシブウェブデザインは、PC・スマートフォン・タブレットのすべてが同じhtmlソースで構築されている点も強みです。修正や更新が一度で済むので、WEBサイトの作業負担が軽減されます。SEO対策の面でも効果が期待できるうえに、保守更新の手間から解放されるのです。

サイト制作初心者の方は、モバイルフレンドリーなサイトへの対応が難しいかもしれません。しかし、早急に対応しなければ、商機会のロスは拡大してしまいます。すぐに携帯端末にマッチしたサイトを構築するなら、賢威へ移行するとよいでしょう。

このページの先頭へ