レンタルサーバー比較ランキング
初心者ウェブマスター向け!Googleモバイルフレンドリーテストのやり方

Googleモバイルフレンドレリー
2015年4月21日、Googleは検索エンジンを更新し、モバイルフレンドリー(スマートフォン対応)サイトを検索順位において優遇するアルゴリズム変更を開始しました。これにより、SEO対策にも変化が起きると考えられていますが、どのような対策が必要なのでしょうか。今回は、モバイルフレンドリーテストの方法と、スマートフォンをはじめとした携帯端末へ対応する方法をご紹介します。

モバイルフレンドリーテストの3ステップ

モバイル対応のサイトは、検索エンジンから高い評価を受けます。そのため、検索順位にも好影響を与えるので、早期に対応すべきです。Googleではモバイルフレンドリーのテスト用ツールを公開しているので、ウェブマスターは自分のサイトが対応しているかを確認しましょう。まずは、モバイルフレンドリーなサイトになっているかをチェックする手順は以下のとおりです。

  • 1.GoogleのテストページでURLを解析します。
  • 2.『Googleウェブマスター向けモバイルガイド』を参照し、モバイルサイトの作成方法及び改善方法を確認します。
  • 3.Googleウェブマスターツールが問題点とするレポートを読み、サイト全体の問題を把握します。

以上の手順でモバイルフレンドリーテストは完了します。検索順位を上げるには、不備がある箇所を修正し、スマートフォンや携帯端末に対応したサイトを制作しなければなりません。

自動でモバイルフレンドリーなテンプレート賢威

モバイルフレンドリーサイトの条件は、

  • フォントサイズが携帯端末から見やすいサイズ
  • タップしやすい位置にリンクがちょうどいい位置にある
  • スマートフォン用のビューポートの設定をしている
  • コンテンツのサイズがスマートフォンに対応しているのか

という4項目を満たすことです。これらをクリアするには、個人レベルでは難しいかもしれません。そこで、株式会社ウェブライダーが提供する賢威を利用してみましょう。
package-keni6
賢威は、レスポンシブウェブデザインに対応したWordpressのテンプレートテーマです。ウェブライダーが時代のニーズに応じて更新するテンプレートなので、ユーザーはモバイルフレンドリーテストに合格したサイトが簡単に手に入れられます。

自分では修正作業が難しいという方でも、賢威のテンプレートが自動的にモバイルフレンドリーになるので、無駄な作業は必要なくなります。これにより、サイトのディレクションやデザイン・コンテンツ制作などの作業に注力できるのです。

Googleのアルゴリズムは、パソコンからの閲覧者だけでなく、携帯端末ユーザーにも見やすいサイトを歓迎しています。賢威はレスポンシブウェブデザインのテンプレートなので、モバイルフレンドリーなサイトに関心がある方は導入を検討してみましょう。

賢威を一番オトク買う方法

このページの先頭へ