レンタルサーバー比較おすすめランキング
ビジネス・法人向けのおすすめレンタルサーバー

個人サイトとは違い法人・ビジネスようにWEBサイトを作成する場合は、第一に安定が重要視されます。失敗ができないレンタルサーバー選びなので、個人より慎重に選びましょう。
レンタルサーバーは高機能で高速なのも重要ですが、何より安定してレンタルサーバーを稼働させていてるか、サーバー障害が頻繁になってないかの確認が必要です。安定力が強いレンタルサーバーを中心に利用率が高い選びましょう。

お名前.com レンタルサーバー

お名前.comレンタルサーバー
おすすめプラン SD-11
ディスク容量 200GB〜
初期費用 1,800円(税抜)無料
サーバー障害頻度 月0〜3回程度
サポート メール・電話・チャット

お名前.comのレンタルサーバーは、法人用としても利用できます。200GBの大容量のディスク容量はもちろん、サーバー稼働率も99.99%の実績があり安定感は抜群です。
またサーバー障害のページを見ても、月0〜3回程度が多く、短時間で障害解決しています。障害についていち早く対処報告しているので、障害が起きた時もクライアントに報告がしやすいので安心です。またサポートもメール・電話・チャットなど手段が豊富なのもおすすめです。

XSERVER

エックスサーバーレンタルサーバー
おすすめプラン X10
ディスク容量 200GB
初期費用 3,000円〜(税抜)
サーバー障害頻度 月10回程度
サポート メール・電話

XSERVERは稼働率99.99%と高速稼働を誇るレンタルサーバーです。サーバ障害のお知らせページを見ると月何回もお知らせしていて、大丈夫か不安になるかもしれませんが、内容を確認すると負荷上昇による速度低下(1分程度)や断続的にWEBサーバーにアクセスしづらい状況(5分程度)など一般人からすると些細なことでは…と感じしてしまうほどのレベルです。1分の速度低下や5分程度の障害もお知らせとして表示するほど、使用するユーザーに真摯な対応です。
お名前.comの詳細はこちら

KDDI CPI

kddi-cpi
おすすめプラン シェアードプランACE01
ディスク容量 無制限
初期費用 0円〜(税抜)
サーバー障害頻度 月15回程度
サポート メール・電話

KDDIのCPIはビジネス向けのレンタルサーバーです。容量無制限なのはもちろん、ネットショップを開設したい人向けにEC-CUBEが簡単にインストールが可能となってます。
CPIと契約するとテストサーバーが自動でついてきます。テストサーバーは本番環境と同じサーバーになっており、テストサーバーにアップし確認後コントロールパネルから簡単に本番サーバーにアップができます。なので、テストサーバーでクライアント確認後からの本番サーバーに移動が簡単にできるのでWEB関連の仕事をされる方にはすごく楽なレンタルサーバーです。

SuiteX

suitex
おすすめプラン スタンダード
ディスク容量 300GB〜
初期費用 0円〜(税抜)
サーバー障害頻度 月1〜5回程度
サポート メール・電話

SuiteXはNTTが管理するレンタルサーバーです。容量が300GB〜とかなりの大容量です。
無料で使用できるセキュリティとデータの保守保存がかなり強く、ビジネス向けとして適切なレンタルサーバーです。

このページの先頭へ